速いと早いの違いをどうやって教えるか



f:id:tabisen:20171018204445j:plain

後輩教員に早い速いの違いの教え方を聞かれました。

テキトーな例えで答えたらすごく感心されたので短く発信しておきます。

 

速い電車と早い電車

後輩A「タビ先生!早いと速いの違いを教えたら納得しない子がいるんですよ」

タビセン「二つのはやいの後ろに同じ言葉つけてみりゃいいんじゃね?新幹線とか」

後輩A「おー!しっくりきた!電車で教えてみます!」

 

こんな会話が放課後の職員室でありました。

明日子どもに言うつもりみたいですけど、うまくいくんでしょうか?

 

 

さて、いらないと思いますが一応解説。

 

速い電車と言われると、どんな電車を思い浮かべますか?

ズバリ、

 速いスピードの出る電車です。

 時速80キロと120キロなら120の方が速い電車です。特急です。

 

じゃあ早い電車となるとどうでしょう?

それは、

 早くに出発する電車です。

 午前6時発と午後2時発であれば、午前6時の方が早い電車です。始発です。

 

特急券を買ったChrome君「僕は速い電車に乗って行くことにするよ」

            始発に乗るEdge君「じゃあ俺は早い電車に乗ろうかな」

※先日自分のPC上でChromeにEdgeが喧嘩売り始めて以来この2語がマイブーム中

 

極端な例文を作るなら上のような感じになります。

音声で聞いたら全く理解できない会話ですね。

 

とりあえず、明日後輩Aの教え子が余計に混乱しないことを祈ります。

 

速いは「スピード」

物理的な速さのイメージです。

ゲームの世界で最強になれる方の「はやさ」です。

  • 速さが相手より4以上高いと再攻撃できる
  • 最も速いウサイン・ボルト
  • ピカチュウの速さがグーンとあがった!
  • 速さが足りないッ!

 

早いは「時間」

時間とか時期とか、そういった意味での早さです。

リアルの世界でこの「はやさ」をもっていると便利でしょうね。

  • 朝起きるのが早い
  • 仕事をとりかかるのが早い
  • チャンスに飛び込むのが早い
  • 流行に乗るのが早い

 

おわりに

学校の宿題の答え探しにググってここに来たあなた。

これからはマジでそういう技術が大事になる時代だと思いますよ。

明日も元気に検索力鍛えちゃってくださいね。

 

小学校教員のあなた。

実際そう思いません?