ピサロの「ゾンビ達の脅威」デッキを構築して試した感想【ドラゴンクエストライバルズ】



f:id:tabisen:20171109003531p:plain

終盤特化デッキでシルバーに挑んでいるのですが、勝ったり負けたりでなかなか先へ進めません。

またデッキいじろうかなぁと思ってピサロのおすすめデッキを開いてみたところ、ものすご〜く遊戯王ファンの琴線に触れるデッキがありました。

これが筆者と「ゾンビ達の脅威」との出会いです。

ドラゴンクエストライバルズ

ドラゴンクエストライバルズ

  • SQUARE ENIX INC
  • ゲーム
  • 無料

 

オススメデッキにあった「ゾンビ達の脅威」

ゾンビたちの脅威。デッキ名だけで筆者の脳裏には彼が浮かびました。

 パンプキングとリビングデッドの呼び声で凶悪コンボを披露したあいつです。

ひたすらゾンビのデッキ

ピサロのオススメデッキの一番右側には「ゾンビ達の脅威」というデッキがあります。

ピサロの誇るMPブーストや高コストモンスターを前面に出した他のオススメデッキとは少し違い、特技カードを減らしてまでゾンビカードを詰め込みまくった異色デッキです。

 

懐かしのゴースト骨塚

このデッキは、後列のワイトキングが前列のゾンビ達を強化し無数のゾンビが相手に襲いかかる、というコンセプトです。

それを聞いて筆者の脳裏には彼が思い浮かびました。

「これあれだ。ゴースト骨塚のゴースト王パンプキングだ!」

闇眩ましの城、リビングデッドの呼び声、マーダーサーカスゾンビ、懐かしいなぁ。

さぁこれは試すしかない!

筆者のカード知識は初心者レベルなので、デッキに手を出す動機もこういった興味関心が理論に先行します。

いいんです、自分なりに楽しんでるので。

 

 

ゾンビデッキ構築

さっそくオススメデッキを保存し、カード集めに入ります。

 

カード一覧

特技カード

冥府の刃2

暗黒の闘気

闇への供物2

魔力解放2

 

モンスターカード(カード名左の数字はコスト)

①がいこつ2

①ゴースト2

②おおがらす2

③ウィッチネイル2

③くさった死体2

③マドハンド2

④マッドフィンガー2

④リビングデッド2

④ワイトキング2

⑤マミー2

⑤オーレン

⑨バラモスゾンビ

⑥ドルマゲス

 

錬金石が高いのはドルマゲスのみ

この中で手持ちにないカードは錬金することになります。

ですが、実はこのデッキ、錬金石が3000個必要なカードがドルマゲスしかありません。

なので錬金石が4000個程度しかなかった筆者でも8割方作ることができました。

作れなかったのはドルマゲスとバラモスゾンビです。(バラモスゾンビと間違えてドラゴンゾンビ作っちゃった)

 

低コストモンスターが多め

このデッキは低コストのモンスターが多め。

呼び出しやすいモンスターを大量に敷き詰める戦法に向いています。

先日作った終盤特化デッキとはだいぶ趣向が異なります。

 

キーモンスターはワイトキング

ワイトキングだけは替えが利きません。

ほかのゾンビカードは正直違うゾンビと入れ替えても大差は無さそうです。

なので錬金石が足りない場合はワイトキングを最優先で用意するといいです。

次に重要なのはバラモスゾンビだと思うのですが、筆者は初歩的なミスからの錬金石不足でバラモスゾンビ無し状態です。しくじり先生です。

 

 

ゾンビたちの脅威を使った感想

f:id:tabisen:20171109004643p:plain

2戦2勝。いい感じですよ。

 

におうだち0匹の物量守備

このデッキにはにおうだち持ちがいません。

正直不安があったのですが、次々に召喚するモンスターが肉の壁となって、物量作戦でピサロへの道を阻んでくれました。

ハンド系モンスターがマドハンドを大量発生させたり、マミーが相手の攻撃を封じたりと、どうにかなるものです。

 

供物との相性◎

モンスターがわらわらといるので、闇への供物との相性がとてもいいです。

その辺のマドハンドをいつでも生け贄にできるのは良いですね。

また、コスト1モンスターが4匹いるので、運が良ければ魔力解放とセットで開幕供物もできます。

 

ワイトキングがなかなか凶悪

大量のゾンビの後ろにワイトキングを立たせます。

お試し2戦目でワイトキング2体が立つ展開になったのですが、これが凄い。

ゾンビ達の攻撃とHPが+2されて、完全に相手を押し切ることができました。

ワイトキングはコスト4で呼び出せるのも長所ですね。

とにかくフットワークの軽いデッキだと思います。

 

必殺バラモスゾンビ

これでバラモスゾンビがいたらなぁ。

バラモスゾンビの能力は「それまでに死んだゾンビの数=攻撃力になる」というもの。

このデッキでは中盤までの戦闘でこれでもかと言うほどゾンビが倒れていくので、バラモスゾンビとの相性はとても良いはずです。

正直、今の筆者のゾンビデッキはイチゴの乗っていないショートケーキのようなもの。バラモスゾンビがあってこそのゾンビ達の脅威です。

あーあ、なんでバラモスゾンビとドラゴンゾンビを間違えてしまったんだろう…

 

とにかく面白い!←これ大事

このデッキ最大の長所です。

使っていて面白いんですよ。

遊戯対骨塚の名勝負が蘇るようです。

面白さの感じ方は人それぞれなので参考にならないかもしれませんが、少なくとも筆者はこのデッキでのバトルがすごく楽しいです。

このデッキならゼシカにイオナズンされてもめげずに頑張れそうです。いくらでもモンスター出てきますから。

とにかく面白いんですこのデッキ。

 

 

まとめ「使っていて楽しい夢のあるデッキです」

  • とにかくゾンビ突っ込めばいいので構築の融通が利く
  • ネタデッキかと思いきや普通に強い
  • 使っていて楽しい

 

今回、オススメからゾンビ達の脅威を作ってみましたが、やってみて後悔はありませんでした。

とにかく使っていて楽しいので。

しばらくはゾンビデッキでシルバーランク戦を楽しもうと思います。

 

<次の記事>

 

<DQライバルズ関連記事>