ピサロ「ゾンビ達の脅威」デッキを使って見つけたTips集【ドラゴンクエストライバルズ】



f:id:tabisen:20171111184438j:plain

今日も元気にドラクエライバルズをプレイしています。

何戦もしていると、「この攻撃良い!」とか「うお!?こんなんできるのか!」みたいな気づきが色々と出てきます。

今回は経験則で集めたそういう情報をまとめてみました。

ドラゴンクエストライバルズ

ドラゴンクエストライバルズ

  • SQUARE ENIX INC
  • ゲーム
  • 無料

 

ステルスでワイトキングをブロック

【ゴースト】や【かげのきし】など、ステルスを持つモンスターをワイトキングの前に置き、相手にワイトキングを攻撃できないようにさせます

ワイトキングは言わずと知れた「ゾンビ達の脅威」の生命線。相手もワイトキングを見つけると死に物狂いで狙ってきます。

このテクニックを使うことで、モンスターからの直接攻撃からワイトキングを守り続けることができます

相手モンスターの特殊能力によるHP下げでステルス持ちを倒されたり、悪名高きゼシカに攻撃魔法でワイトキングを狙い撃ちされるなど、過度の信用は禁物ですが、意外と有効な場面は多いですよ。

 

ウィッチネイルでワイトキングをブロック

【ウィッチネイル】もよくワイトキングの前に置きます。

「ウィッチネイルに攻撃をする=自分もやられる」なので、相手も誰で攻撃をしようか迷います。

結局特技カードなんかで倒しにくることが多いのですが、貴重な特技カードを使わせた時点で御の字ではないでしょうか。

 

冥府の刃速攻

相手が強力なモンスターを出してきたら、次の自ターンでその辺に転がってるマドハンド辺りに【冥府の刃】を使い、そのまま強力なモンスターに特攻させます。マドハンドは当然昇天しますが相手も倒せます。

当たり前すぎて項目に起こすまでもない常套手段ですが、冥府の刃とゾンビ達の脅威の相性の良さを紹介する意味で書きました。

ゾーマを見かけたら光の玉の後に冥府マドハンドをけしかけてやりましょう。

 

おおがらす供物

【おおがらす】はゾンビではありませんが、供物との相性が良いため入れておきたいカードです。

このゲームをやっていると、自分にカードを引かせる効果の重要性がよくわかります。というか、きっとどのカードゲームにおいてもそれは同じなのでしょうね。自分はその辺はよくわかりませんが。

おおがらすを供物にした場合、供物によるカード引き1枚に加え、おおがらすの死亡効果でもう1枚引くことができます。

他にも、がいこつ等死亡効果を持つカードは供物にしやすいですね。

 

氷塊に闇への供物

悪名高いゼシカがよくやってくる氷塊。自陣の1マスを占有される他、攻撃魔法や魔道士モンスターの強化に使われたりと、放っておくとロクなことがありません。

さて、そんな氷塊に出来心で供物を使ってみました。自陣にあるんだからひょっとして!?と思って。

結果は大成功!敵が設置した氷塊が見事にMPに生まれ変わりました

氷塊の掃除もできて最大MPも増やせてカードも1枚引ける。

ゼシカにしてやったりな顔ができるナイスな技です。まぁ最後は攻撃魔法連発されて負けるんですけど。

 

氷塊をミイラ男に

供物にできたのなら【リビングデッド】のあれもできるんじゃないか!?

やってみました。

できました。

氷塊にリビングデッドの特殊能力を当ててみると、見事ミイラ男の誕生です。

ゼシカに向かってドヤ顔です。

まぁ大体の場合は直後にイオナズン食らってミイラ男もリビングデッドも塵になるわけですが。

 

後攻1ターン目ピサロナイト供物

テンションアップ→ピサロナイト召喚→魔力解放→供物

これ、ゾンビデッキに限らずピサロ使いがよくやるパターンだと思うんですが、どうなんでしょうね。

最近これが上策なのか悪手なのかわからなくなっています

ピサロナイトには死亡効果もありませんし、いつでも呼び出せる攻撃力3というのは正直魅力です。

HP2の紙装甲というのが欠点ですが、後列に置けば瞬殺されることもありません。

いつでも呼び出せるという特性はウォールの穴埋めにもぴったりです。

というわけでこの項目は、お得技というよりも問題提起なイメージで起こしました。

皆さんどう思います?

 

 

まとめ「氷塊使ってゼシカを怒らせちゃえ!」

今回紹介したものは、現時点で筆者が「使える!」と思っている知識知恵をまとめたものです。

あと1週間後にこの記事を見ると、「俺何言っちゃってるんだろうなぁ」みたいな気分になっているのかもしれません。実際数日前まではレッドアーチャー囲ってウヒャウヒャやってたわけですし。

この記事は今後もちょくちょく追記や修正をしていこうと思うので、また気が向いたら見に来てくださいね。

 

<ドラクエライバルズ関連記事>