猫と仲良くなる方法



f:id:tabisen:20170928214229j:plain

可愛い猫と仲良くなる方法です。

今までに出会った多くの猫ちゃんに共通して通じた方法だけをまとめました。

 

STEP0 予備知識

仲良し作戦を実行する前に知っておきたいことを紹介します。

猫は匂いで生活する動物

猫の生活は匂いに左右されています。

例えば、自分が生活する空間にはできるだけ自分の匂いをつけて安心しようとします。

他にも、美味しい味のエサよりも好きな匂いのするエサを好んで食べたり、特定の匂いを嗅ぐと酔っ払ったりするなど、猫はとにかく匂いを大事にする動物です。

猫と仲良くなるためには、匂いを大切にしているという猫の気持ちを尊重してあげる必要があります。

猫が動くのを待つ

あちこちで言われていることですが、猫はマイペースな生き物です。

こちらから積極的に近づいて猫を可愛がっても、猫にとってはストレスでしかありません。

猫の方からこちらへ来てくれるよう、うまく興味を引くような関わり方が必要です。

猫の習性を利用して興味を引きつつ、あとはひたすら待ちの姿勢で臨みましょう。

 

STEP1 さぁ仲良くなろう

人間の恋愛と同じで物事には順序があります。できればこの順番で進めてください。

人さし指を猫ちゃんに向ける

猫から見えるように、あなたの人さし指を向けてあげてください。

猫には尖ったものを見ると近寄って匂いをつけたくなるという習性があります。

うまくいくとこちらへ近寄ってきて、指の匂いをかいだり顔を擦り付けてくれたりします。

うまくいかない場合は、距離が遠すぎる可能性があります。

遠すぎず、近づきすぎずの距離をうまく見つけて再チャレンジして下さい。

近づきすぎると猫が逃げてしまいます。

この指さし匂い嗅ぎを繰り返すと、あなたの指に猫の匂いがつきます。

すると猫は、「この相手は危険も無さそうだし自分の匂いもついている。心を許して問題なさそうだ。」とあなたを認識してくれます。

これであなたは猫の近くに居ることが許されました。

撫でる

猫から匂いをたっぷりとつけてもらえたなら、今度は猫の体を触ってみましょう。

猫は自分に他者の匂いをつけられることをひどく嫌う動物です。

なので基本的に体を触らせることはしません。

しかし指さし匂い嗅ぎによって同じ匂いをまとっているあなたの手であれば、嫌われることなく体を触らせてくれるでしょう。

最初は耳の付け根から、やがてうなじを触り、その後は許してくれそうなら背中を少しずつ尻尾へ向かって撫でてみましょう。

この辺は猫の性格によっても反応が違うので、うまく猫の気持ちを察しながら進めてください。

ちなみに猫が一番撫でてほしいのは、耳の付け根やうなじです。

その辺はどうしても舌や前足が届かないので、掻いてもらえると嬉しいんですね。

尻尾の付け根をトントン

最終段階です。尻尾の付け根の辺りをトントンと刺激してあげて下さい。

猫はこれをされると最高に気持ちがいいんです。

しばらく刺激を続けてあげれば、もうあなたと猫は恋人同士です。

やがて猫がおしりをこちらへ向けて匂いを嗅がせてくれる(猫界における最上級の挨拶)ほどの親密さを手に入れることができるでしょう。

 

STEP2 家族レベルの仲の良さを手に入れよう

STEP1は初対面の猫との触れ合い方でした。次は家族になって一緒に暮らす方法です。

エサをあげる

猫との共同生活を幸せに送る秘訣は1つです。

エサをあげれば良いのです。

猫は餌をくれる人に懐きます。なんとも現金な生き物です。

もしあなたがファミリーで猫を飼っていて、家族の中で自分だけが猫から嫌われているような気がするのなら、餌やり役を買って出てみてください。

朝晩欠かさず一週間もエサやりを続ければ、猫はあなたを気にいるでしょう。

猫とはそういう動物です。

 

まとめ

猫との関係構築には時間がかかります。

猫の習性を理解しながら、猫の方からこちらへ来てくれるのを気長に待ちましょう。

間違っても初対面の猫にこちらから近づいてモフモフしたりしてはいけません。

人間で言えば初めて会った異性にいきなり抱きつくようなものです。

よく人間の子供が猫から嫌われることがありますが、理由はその辺にあるわけですね。

これで解説は終わりです。

猫の気持ちをうまく察してあげながら、猫とのコミニュケーションを楽しんでください。