ADHD緩和のためにストラテラを飲んだ体験談④:15日目〜28日目



f:id:tabisen:20171028081542j:plain

ストラテラ体験談④です。

今回は医師から新たに2週間分のストラテラを処方され、それを飲み続けた14日間の記録と雑感を書き残します。

 

前回(1週目〜2週目)の様子

ADHD緩和のためにストラテラを飲んだ体験談①:1日目~3日目

今から4週間前にストラテラ服用を40gでスタートしました。

最初の2週間で得られた効果

  • 睡眠改善

感じた副作用

  • 頭痛
  • 排尿困難
  • 食欲減退
  • 運転時の吐き気
  • 喉の渇き
  • 発汗

こんな感じでした。

 

3週目〜4週目の主な体感

始めの2週間に比べ、それなりに変化がありました。

悪い方向には向かっていないと思います。

 

副作用をほぼ感じなくなった

4週目辺りから体験記ツイートが減りました。

もともと飽き性というのもあるのですが、ストラテラに違和感を感じなくなった結果、呟く内容が無くなったことが大きかったです。

もっとも、完全に副作用が無くなったわけではなく、以下の2つは今も感じています。

 

車運転時の吐き気

10分を超えるような運転になると、運転時同乗時問わず吐き気を感じます。

実際に吐くわけではないのですが、なんとなくウッとくるあの感じがずっとつづくような感覚です。

 

排尿困難

力を抜けばすぐにおしっこが溢れ出すような状態で便座の前に立っても、全然おしっこが出てきません。

力を入れてどうにか出てくる感じです。

その時その時で程度は違っていて、さほど困難を感じない時もあれば本当に力を入れなければならない時もあります。

 

何日か超人化した日があった

明らかにテンションが違う日がありました。ストラテラの効果だったんじゃないかと思っています。

 

動作が2倍速
  • 思い立ったらすぐに行動開始できる
  • 歩くスピードが速い

仲のいい同僚に「今日はやたら元気だね」と言われました。

「思い立ってすぐ動けるってありがたいなぁ」と心から思いました。

 

思考が2倍速
  • 雑音や視野に入るものをある程度スルーできる
  • 複数名での会話についていける

事務作業をしていると、あっという間に5分10分が経っていました。普段であれば、周囲の会話や人の動きが気になってまるで集中できないところですが、この時は気にせず自分の作業に集中できました。

複数名の会話(特に4人以上)がすごく苦手なのですが、この時は内容をしっかりと聞くことができ、自分も会話のスピードに合わせて自然に発言することができました。

脳が高速回転している感じでした。

 

判断や発言にかかっていたブレーキが消滅

物事の判断も早まりました。100点になるまで悩まず80点狙いで一か八か判断しちゃう感じです。

それに伴って発言も後先考えずにポンポン出てくる感覚がありました。

ただ、これは考えようによっては逆に危険なことだと思うんです

相手と討論し強く自己主張するような発言が次々と頭の中に浮かんできたので、それを口に出さないように努めて自重していました。

職業によっては議論討論は大切なのだと思いますが、自分の場合は相手を共感的に理解することが仕事なので。

その感覚を見失わないように気をつけていました。

ストラテラ服用者が朝にコーヒー飲んだら超人化した話

 

医師からのアドバイス

薬の更新時の診察で、医師からアドバイスをもらったほか、疑問に思ったことも質問してみました。

 

処方の方針について

感じていた効果と副作用について伝えました。

睡眠改善は日中の脳の疲れが軽減された結果ではないかという見解をもらいました。

副作用はアドレナリンの急な増加によって脳や体がびっくりしたんですよと説明されました。

強い副作用が無かったためもう2週間40mgで続けて、その後に増量を考えることになりました。

 

ストラテラ服用中のコーヒー、アルコールについて

自分はコーヒーが大好物です。

アルコールは仕事の付き合いで稀に飲む程度なのですが、コーヒーはできれば飲みたかったので質問してみました。

 

コーヒーは時間に配慮すればおk

ストラテラ中のコーヒーが良くないと言われるのは、コーヒーが脳の覚醒を強めてしまうからなのだそうです。覚醒が強すぎると眠れなくなる、逆を言えば、まだ眠る必要の無い朝や昼であればコーヒーを飲んでも問題は無いと教えてもらいました。

当然、飲みすぎは良くないので、飲む時刻と量には注意します。

ストラテラ服用中にコーヒーを飲んでもいいか医師に聞いてみた

 

アルコールは時々であればおk

ストラテラが、というよりも一般的に薬とアルコールは相性が悪いです。

肝臓を酷使することになりますし、薬の効きも強まってしまいます。

ただし、自分のように稀に付き合いで飲む程度であれば問題はないとのことでした。

毎日晩酌するようなことは避けてほしいそうです。

 

まとめ「効果を強く実感した日があったのは収穫だと思う」

副作用の減少は、自分の体にストラテラが馴染んできた結果なのではないかと予想しています。

また、ストラテラのADHD特性を緩和する効果は、不安定に現れ始めた後に安定していくという情報がネットのあちこちにありました。

今回一瞬だけ現れた、自分がスピードアップしたようなあの感覚が、この先安定して現れるようになるのでしょうか。

この記事を投稿した後、今日は2週間ぶりにクリニックを受診します。

今回もこれらの気づきを医師に伝えてアドバイスをもらおうと思います。

 

次の記事

 

 

<ストラテラ体験談シリーズ>

ADHD緩和のためにストラテラを飲んだ体験談①:1日目~3日目

ADHD緩和のためにストラテラを飲んだ体験談②:4日目〜8日目

ADHD緩和のためにストラテラを飲んだ体験談③:9日目~14日目