ロッテガーナローストミルクをガーナミルクと比較します



ローストミルクレビュー第2弾です。

前回は初めて食べた時のインプレッションをお伝えしましたが、今回はこの黄色い新製品を大正義ガーナミルクと比較していきます。

誰が望んでいるのかわからない内容ですが、自分がチョコ好きだからいいんです。

f:id:tabisen:20170925193320j:plain

 

成分表示

f:id:tabisen:20170925193414j:plain

まずは成分表示を見てみましょう。

新発売のローストミルクは脂質がわずかに高いですね。

前回実食した時に強い甘さを感じたのはおそらくここに原因があるのでしょう。カカオ分が低く、ミルクを多めにしているのではないかなと感じました。

 

チョコの色

f:id:tabisen:20170925193518j:plain

左がミルク「赤箱」で、右がローストミルク「黄箱」です。

ローストミルクの方がわずかに明るい色ですね。

ミルクもブラックと比べれば十分に明るい色なのに、ローストミルクはその更に上をいきます。外見から既に甘さが漂っていますね。

 

食レポです

f:id:tabisen:20170925193631j:plain

さて、今日も食べてみることにしましょう。前回はローストミルクだけでしたが、今回は赤箱との比較レポです。さぁどこまで違いを感じられるでしょうか?

 

まずは黄箱「ローストミルク」

タビセン「甘い!やはり甘い!ミルク感がものすごくて、カカオが行方不明」

「これあれだよ、チョコにキャラメル混ぜ込んだんじゃね?」

 

次に赤箱「ミルク」

タビセン「チョコだねぇ。ローストミルクの後だとカカオを感じる」

「チョコだ。私はこっちがいいわ」

 

 

という結果になりました。タビセン的にはローストミルクの激甘感はなかなかクセになるものがあります。普通に美味しい。meijiハイミルクをもっと極端に甘くした感じです。

嫁は大正義赤箱ミルクが好きなようでした。激甘スイーツは好んで食べるんですけどね。この辺の感覚はおっさんにはよくわかりません。

 

ちなみにレポのお供は通販で定期購入しているコーヒーきゃろっとのブラジルモンテアレグレ農園「ハチドリ」です。おいしいコーヒーですよ。

 

まとめ

赤箱ミルクと比べることで、ローストミルクのキャラクターをよりはっきりと理解することができました。カカオの風味とかどうでもいいから甘さの向こう側へ行きたい!という人には全力でローストミルクをお勧めします。

何はともあれ、面白い味なので一度食べてみるといいですよ。

 

↓他のチョコ記事です。時間があればどうぞ。