Mr.JOURNEY

旅人的キャリアを突き進む小学校教員の雑記ブログ。

珈琲きゃろっとのカフェストで上質なコーヒーがすぐに飲める



疲れた…コーヒー飲みたい…でも疲れた…

休暇を取り終わり職場へ行き始めた途端生きる気力を失いつつある紙メンタルタビセンですこんばんは。

帰宅して一度ソファに座ってしまうと体が動きません。

脳がまともに動いてくれません。

砂時計がずっとぐるぐるしている低スペックパソコンみたいになっています。

ちょっとの行動に対して物凄い精神エネルギーを使わなければいけないような状態です。

ロマサガ3の魔王の鎧装備状態です。

 

というわけで、あんなに大好きだったコーヒーを淹れようとする行動力すら残っていない。

これは困ったなぁ…

すぐにコーヒーを飲みたいときは、カフェストだ!

カフェストというコーヒー製品があります。

コーヒー豆の通販を手掛けている「珈琲きゃろっと 」というお店が開発したもので、タビセン家では毎月一本これが届くようにお願いしています。

実は我が家は結構な田舎に住んでいて、何とこの土地、コーヒー豆を販売している店が無いんですよ。

車で1時間半走ってようやくカルディが一軒見つかるような世界です。

そこで、品質の良い豆を手頃な値段で届けてくれるこの珈琲きゃろっとから毎月豆とカフェストを一品ずつ買っているわけです。

 

さて、さっそくカフェストを実演してみましょうか。

夕方にネガティブツイートした時はアイスコーヒーを作りましたが、今回は夜中ですしアイスカフェオレにしてみます。

まずはカフェスト40mlを投入。

カフェストは瓶に入っていてカルアリキュールを注ぐ感覚です。

f:id:tabisen:20170817230754j:plain

 

次に牛乳120mlを投入。

カフェスト:牛乳=1:3  にするぐらいが美味しいと思っています。

f:id:tabisen:20170817230733j:plain

 

これで完成。

実にインスタントです。

あまりにも簡単に作れてしまうんですが、実際に飲んでみるとしっかり美味しいんです。

ギリギリまで布団で過ごした後に秒単位で出勤準備をしている朝に、

今日みたいに何かをする気力が残っていない時に、

カフェストは自分にとって、物凄くありがたい品です。

 

器具も何も無しにすぐ使える、瓶に入っている、という特性から贈り物にも適しています。

他にもバニラアイスに原液をかけてみたり、コーヒーゼリーの材料にしてみたりと、色々とアレンジがききそうですね。

 

最後に欠点も書いておきます。(公式でも書かれていることのでいいですよね?)

非の打ち所がないように見えるカフェストですが、一つだけ欠点が。

コーヒーの魅力の一つであるコーヒーアロマがカフェストにはほとんどありません。

元々アロマを感じにくいアイスコーヒー等なら問題はありませんが、カフェストをホットコーヒーにして飲む時には若干物足りなさを感じるかもしれませんね。

 

珈琲きゃろっとの紹介

北海道の恵庭市に焙煎工場とカフェ兼豆販売店を構える会社です。

焙煎豆の通販に力を入れているようで、焙煎士の内倉さんが選んできた世界各地の良い豆を手の届く値段で売っています。

今まで色々な通販店で豆を買ってきましたが、このお店の焙煎は自分の好みにすごく合っていて、一度注文して以来ずっとここの豆を注文し続けています。

恵庭市にあるカフェにも行ってみました。

きゃろっとの豆を贅沢に使ったドリップコーヒーの美味しさと思いっきりガーデニングされた庭が印象的でした。

カフェでは通販で扱っている豆を直接買うことができ、無料で試飲できるサービスもありました。

 

万人向けの焙煎、というよりは好き嫌いの出そうな偏った焙煎をしている印象です。

自分がそうだったように、気にいる人はとことん気にいる焙煎だと思うので、興味のある方はどうぞ。

 

なんかきゃろっとの回し者みたいになってしまいましたが、自分の好きな店が流行ってくれるのはやっぱり嬉しいことなので、ささやかに紹介させてもらいました。

 

珈琲きゃろっと