Mr.JOURNEY

旅人的キャリアを突き進む小学校教員の雑記ブログ。

発達障害

専門分野その2。人間誰もが悩みを抱えています。

ADHD民が汚部屋を作っていく過程とミニマリストによる解決

はじめに このブログはADHDやミニマリストという検索ワードを使って訪れる方が多いです。なので今回はその2語について、体験に基づく自分なりの考えをもう少し掘り下げてみます。 身近な家族や友人に汚部屋の持ち主がいる方が、その汚部屋民達を理解する際の…

小学校教員の生き方や仕事術を教えてくれた先輩教師の言葉

タビセンです。 今回は自分が臨時採用として小学校で勤務していた時期に出会った多くの先輩先生方からいただいた言葉を紹介します。 いろんな人がいるからねぇ 担任が3日間いなくても荒れないような学級を作ればいいよ 子どもが話を聞かないんじゃない、教師…

大人のADHDの特徴的行動とその体験談

ADHDについて、自分は今まで多くの本を読んできました。講演にも何度も参加してきました。知ろう知ろうと思うあまり、間違って同じ本をもう一度買ってしまったこともありました。 飽きっぽい自分がなぜこの分野に関しては情報収集に没頭できているのか? 理…

汚部屋は解消できる。片付けは才能がなくてもできる。

今これを書いているiPadProの近くには一つのコップが置いてある。 置いたのは自分。理由は水を飲むため。 入っていた水は既に全部飲んだものの、席を立つのが面倒でそのまま置いてある。 でもこの記事を書き終えて席を立った時、自分はきっとこのコップを片…

ミニマリストの思想はADHDの生きにくさを救うかもしれない

人にはそれぞれ管理できる物の量があります。自分のようにADHD傾向の強い人はその量が極めて少ないと考えます。ならば、ミニマリストの考えに倣い、所有する物の量を極限まで減らせばいいのではと思いました。